今日の気になるニュース



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
切除した乳房の画期的な再建技術

【11月13日 AFP】豪メルボルン(Melbourne)のバーナード・オブライエン顕微鏡手術研究所(Bernard O'Brien Institute of Microsurgery)の医師団は12日、乳がんで切除した乳房の画期的な再建法について、ヒトを対象とした試験を来年早々に実施することを明らかにした。

 同研究所は患者自身の脂肪細胞を使って乳房を再建する新しい方法を開発した。少量の脂肪細胞を入れた穴の開いたブラジャーのカップのような医療器具を胸に埋め込むもので、患者本人の血液を供給された脂肪細胞が空間を埋めるように増えていき、最終的に乳房の部分が脂肪で満たされるという。基本的に患者は違和感を覚えないという。

 最初の被験者らは器具を取り除くために2回目の手術を受けなければならないが、数週間で溶ける生分解性の器具の開発も計画されている。医師団によると、これまでに幹細胞を使って乳房が再生されたことはあったが、このような手法は世界初だという。ブタでの試験はすでに成功しており、ヒトに対する試験が来年早々に始まる。

 乳がんは女性がん患者の死因のトップとなっている。(c)AFP
(以上ニュース記事より転載)


女性が乳房を失うことは大変なショックです。
世の中に様々なバストアップ法が存在していることが示すように、バストの形や大きさは女性としてはかなり気になるものなのでしょう。病気のためにそれを失うとなれば・・・。
女性にとって乳がんは大敵です。死亡率も高いといいます。
今後も乳がんで乳房を失う人は後を絶たないでしょう。
こういった研究・開発は多くの女性にとっての救いとなるのではないでしょうか。
勿論乳房を失うことなく完治させる治療法の開発がなされるに越したことはありませんが。

 累計販売本数1万部・販売総額2億円の大ヒット商品・元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法

| cosmoreward | 美容 | 11:09 | - | - | pookmark |
ミスユニバース常連国は美容整形大国?
「ミス・ユニバース」の優勝者が2年連続でベネズエラ女性となったらしい。

ベネズエラ女性と言えば、昔から美人が多いという話はよくきいています。
しかし今回のニュースで初めて美容整形が盛んな国だということを知りました。

「女性として生まれたからには美しくありたい 」
という願望はよくわかります。
美容整形でコンプレックスを解消して、明るく人生を謳歌できるのであれば
美容整形を利用するのもいいかもしれません。
しかし、「より美しく、もっと美しく」を求めてあれこれと美容整形を受けるというのはどうなんでしょうか。
豊胸術をはじめ、美容整形には大きなリスクもつきまといます。
最近の話題ではマイケル・ジャクソンの例がそれを物語ります。
マイケルはさすがに豊胸術は受けていないでしょうが(笑)

ところで、美容整形で美を追求した結果が「ミス・ユニバース」であるというところも複雑です。
「ミス・ユニバース」に対する見方が変わってしまいますよね。
勿論「美は美」に違いないのですが・・・


豊胸手術
ホルモンバランス バストアップ
| cosmoreward | 美容 | 12:56 | - | - | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
1人エッチ用のサプリメント??
AT-30(エーティー30)【アメリカヤ】
”飲む水晶サプリ”完全無料試供
【完全無料】世界初!飲む水晶サプリ活性珪素水溶液【リンクスモール】
こっそりHIV検査
【HIV(エイズウイルス)抗体チェックキット】 匿名で受けられる検査です!【【アルバの郵送検診キット】自宅でカンタン、健康チェック!】
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ